本文へスキップ

大久手計画工房は「まちづくりワークショップ」の手法により、市民参加を支援するコミュニティデザインの専門家です。

TEL. 045-534-6601

〒2220013 横浜市港北区錦が丘15-11
 セントラルコート菊名D12

新着情報・コラムOOKUTE NEWS&COLUMN

新着情報

  • 2020年9月27日   伊予市市民討議会開催中止


コラム  脱成長コミュニズム


●脱成長コミュニズムという潤沢なコミュニズム
 10年前のコラムでセルジュ・ラトゥーシュの「経済成長なき社会発展は可能か?-〈脱成長〉と〈ポスト開発〉の経済学-」という本の事を書いた[註1]。その時は70年代に話題となったエントロピー論が、脱成長第Ⅰ世代と呼ばれるラトゥーシュの著作において甦るのではないかという希望を感じてのことだった。しかし、ラトゥーシュのことは僕の周りではほとんど知る人もなく、相変わらず脱成長を語ることはなんとなく憚られる時代だったように思う。その後の僕自身の関心は熟議民主主義からコミュニティ・デモクラシーへと展開し、「エコロジカル・デモクラシー」やコモンズ論、地域共同管理の可能性を探る活動を細々と地域で続けていくことになる。
 そして今回、斎藤幸平氏の「人新世の『資本論』」にたどり着いた。彼は気候緊急事態宣言下の気候正義をてこに資本主義を否定し、脱成長コミュニズムを明確に選択する、潔い。これまでの脱成長論との違いは、気候正義というキーワードである。経済成長と持続可能性は両立しないということがこの本で明確に宣言されている。その代わりとして『潤沢なコミュニズム』という斎藤氏の提示してくれた概念によって、僕の中のいくつかの関心事が一つにつながり始めたような気がしている。これで僕はジャイナ教徒のように死んでいくしかないと諦めることなく、脱成長の社会を夢見る可能性を得られたのである。

●脱成長コミュニズム実現の手がかり
 脱成長コミュニズム実現はあながち空想ではない。その手がかりは既に現在の日本に広がっている。
 ①全国の都市部を中心に組織されてきたワーカーズコープ、生活協同組合、とりわけ医療生活協同組合
  運動の実績の中にそれはある。
 ②九州、中国地域を中心に広がりを見せている社会的協働経営体としての集落営農方式は生産現場にお
  けるコミュニズムそのものである。
 ③地方自治体に拡大している参加民主主義(ワークショップ)や熟議民主主義(ミニ・パブリックス)
  の実践は時間を潤沢に使う脱成長の社会運動として位置付けることができる。
 ④エコロジカル・デモクラシーを思想的核とするエコ・デモ財団[註2]の活動も注目すべき動きであ
  る。
 ⑤コミュニティ・デモクラシーを目指したコミュニティ・マネジメントに個々人の時間を投資するとい
  う生活スタイルの追求は、潤沢なコミュニズムを実現するアイデアと言えるだろう。
 脱成長コミュニズムへの革命のイメージは、どうやら一気に世の中が変わるということではなさそうだ。あちらこちらの地域でまだら状に現れ、徐々に広がっていくイメージである。個々人の中でも経済成長指向と脱成長指向がせめぎ合いながら共存しているのだろう。そしてそれが少しずつ変化し、社会システム全体が次第に経済成長から脱成長に置き換わっていくような革命である。今からでも個々人が潤沢な時間を身近なコミュニティに投資し、脱成長の生活スタイルとネットワークを育てていくことは可能である。一人ひとりがそれなりにその場で直ぐに取り組める革命のイメージなのではないか、この本を読んでそんなことを考えた。

註1:以下は10年前に書いたコラムです。
 「気がついたら8月になってしまいました。先日、建築雑誌7月号の特集で紹介されていた本『経済成長なき社会発展は可能か?-〈脱成長〉と〈ポスト開発〉の経済学-』(セルジュ・ラトゥーシュ著)を読みました。何となく注文した本でしたが、大学時代から今まで自分自身の中で発していた問いと、今回の大震災の復興イメージとして提起したいと考えている社会的共同体を結びつけてくれる僕にとってはとても重要な内容の本であることがわかりました。70年代に問題提起されていたエントロピー論や地域主義の問題が、人口減少、超高齢社会の中で発生した今回の大震災、加えて原発事故に直面して、改めて問われていると思います。経済発展を前提にした復興イメージではなく、新しい豊かさや社会発展のイメージを生み出す復興を考えていかざる得ないのだと思います。そのためにはラディカルデモクラシーの追求も重要なテーマになるでしょう。脱成長は、日本にとって決して非現実的な目標ではなく、ごく自然な流れであることは、多くの人が心の中では分かっているのに表向き語られる社会の価値観が依然として変わらない今の時代、パラダイム転換は目前に迫っているような気がします」
註2:https://ecodemofund.wixsite.com/mysite


                                        伊藤雅春   


BACK



バナースペース


大久手計画工房

 〒222-0013
 横浜市港北区錦が丘15番11号
  セントラルコート菊名D12

  TEL 045-534-6601
  FAX 045-432-0122