本文へスキップ

大久手計画工房は「まちづくりワークショップ」の手法により、市民参加を支援するコミュニティデザインの専門家です。

TEL. 045-534-6601

〒2220013 横浜市港北区錦が丘15-11
 セントラルコート菊名D12

新着情報・コラムOOKUTE NEWS&COLUMN

新着情報

  • 2022年9月25日   伊予市市民討議会開催予定


コラム  コミュニティの風景

 
 以前のコラムで「こころ旅」というNHKのBS番組のことを書いたことがある[註-1]。今回は、こころ旅の風景分析を通してコミュニティの風景について考えてみたい。当然のことながら関心の中心は、「コミュニティの風景とは何か?」である。
 日本全国47都道府県1063事例の内、とりあえず14道府県315事例を分析してみた。(北海道、秋田県、山形県、富山県、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、岐阜県、奈良県、鳥取県、愛媛県、香川県、長崎県、の14道府県である。県の選択に特に意図は無い。)
 コミュニティの風景を探るために、まずは日常(213事例)と非日常(102事例)の風景を分け、非日常の風景を除外した。次に、形相(遠くを眺める風景 49事例)[註-2]とコミュニティの風景として明らかに他者と共有されそうにない風景(14事例)を除外し、日常的な身近にある共有される可能性のある風景(150事例)を対象に分析してみることとした。
 その150事例を添えられた手紙の内容から三つに分類した。
  a)自己との記憶にまつわる風景(48事例)
  b)家族との記憶にまつわる風景(50事例)
  c)他者との記憶にまつわる風景(52事例)

 それぞれの記憶にまつわる風景の分類を想起分類と呼ぶこととし、さらに写真に写っている風景要素を分類すると以下のような関係となった。

 各風景要素の後に書かれた〇の中の数字は、それぞれの出現回数の総和である。ここで太字の風景要素は3種類の想起分類すべてに出現する風景要素である。畑や里山、学校、川などの風景要素は「自己」、「家族」、「他者」それぞの想起分類と結びつきの強い特徴的な風景要素であると推測できる。それぞれの想起分類毎に特に頻出する風景要素にはアンダーラインを付けた。想起分類によって多数出現する風景要素に何らかの傾向が読み取れることは興味深い結果である。
 風景要素のみについてみてみると、下記のようになる。


 150事例の写真の風景要素が32種類程度の風景要素に分類できたことは意外に少ないという意味で予想外であった。7事例以上に出現する風景要素に絞ってみると8種類程度の風景要素に集約できることになる。
 さらに風景要素を5つの空間分類[註-3]によって整理すると下記のようになる。


 これらの結果からコミュニティの風景を構成する風景要素の傾向が具体的に読み取れるように思われる。コミュニティの風景には、何人かの人が同一の時間に体験を共有した思い出と結びついた風景と同一の場所やモノに対して何人かの人の思い出が異なる時間に重ねられていく風景があると考えられる。定期的に行われるイベントなどの記憶はその二つの面をもつ風景といえるだろう。前者は、想起分類でいえば「他者との記憶に関わる風景」と関連が深く、後者は「自己との記憶に関わる風景」に関連が深いと考えられる。風景要素の出現傾向にそのことが表れている。
今回の分析は特定の地域のコミュニティの風景ということではなく、全国のこころの思い出としての風景の中からコミュニティの風景となり得る風景要素を想起分類と空間分類との関係として整理して見たものである。
特定の地域で風景要素を収集し分析を行えば、コミュニティの風景の空間構造が浮かび上がってくるのではないかと考えている。これはワークショップによって共同主観的なコミュニティの風景を発見する作業としてイメージすることができる[註-4]。その際今回のデータを利用することで風景カルタというツールを開発し利用する可能性を検討してみたい。



[註-1]大久手計画工房コラム:『こころ旅-風景カルタのアイデア-』(2021.8)
[註-2]中村良夫:「大地の低視点透視像の景観論的特質について」
[註-3]ケビン・リンチ著、丹下健三、富田玲子訳:「都市のイメージ」鹿島出版会(1960)
[註-4]大久手計画工房コラム:『コミュニティ診断というアイデア』(2015.11)

                                       伊藤雅春   


BACK



バナースペース


大久手計画工房

 〒222-0013
 横浜市港北区錦が丘15番11号
  セントラルコート菊名D12

  TEL 045-534-6601
  FAX 045-432-0122