本文へスキップ

大久手計画工房は「まちづくりワークショップ」の手法により、市民参加を支援するコミュニティデザインの専門家です。

TEL. 045-534-6601

〒2220013 横浜市港北区錦が丘15-11
 セントラルコート菊名D12

新着情報・コラムOOKUTE NEWS&COLUMN

新着情報

  • 2020年9月27日   伊予市市民討議会開催中止


コラム  「コミュニティへの入り口」と「コミュニティの時間」というアイデア


 「熟議するコミュニティ」を昨年暮れに出版することができたことは前回のコラム[註1]で書いたが、このような理屈っぽい本をご近所の方にも届けることができたことは、僕自身の密かな喜びである。この30年ほど、とりわけこの10年ほどの間に、玉川田園調布会という町内会と玉川まちづくりハウスというNPOを通して活動してきたことの意味を伝えることが違和感なくできていることに対する驚きもある。何故僕が地域にこだわっているのか、単なるボランティア好きな人間として、あるいは義務感、倫理観に駆られてではなく、コミュニティのあり方を模索しているということ、そしてその可能性をコミュニティ・アイデアとして多くの人と共有したいとの思いを伝えたいのである。
 さて、コミュニティというものは目に見えないものである。コミュニティガーデンやタマデンマルシェ、駅ピアノなどの活動は、時々町角に現れる「コミュニティへの入り口」であるというアイデアが浮かんだ。「コミュニティへの入り口」は、ハリーポッターの魔法界への入り口のように、コミュニティという世界があることに気づいた人を誘い込むのである。
 そのことと関連して、最近になってもう一つ発見したアイデアがある。一昨年から毎月開催している玉田シニアサロンの『場』に流れている時間が、実はコミュニティに仲間を受け入れるための貴重な時間であるということである。このように書くと全く当たり前のことの様だが、特に男性高齢者は高齢化するに伴い、ようやくコミュニティの仲間として地域に戻ってくるとよく言われる。高齢化により運動能力も認知能力も衰えることは避けられないが、市場経済の中で闘い続けた時間を経て、やっと脱成長的な潤沢な時間[註2]が、彼らによってコミュニティの『場』の中に生み出されていると感じるのである。コミュニティの『場』には、コミュニティの時間が生まれる。この「コミュニティの時間」は「コミュニティの入り口」の先にある世界と深く関係するものではないだろうか。「コミュニティの時間」というアイデアについてはもう少し考える価値があるように思う。

[註1]大久手計画工房コラム:「『熟議するコミュニティ』の出版にあたって」(2022.1)
[註2]大久手計画工房コラム:「脱成長コミュニズム」(2021.9.29)

                                       伊藤雅春   


BACK



バナースペース


大久手計画工房

 〒222-0013
 横浜市港北区錦が丘15番11号
  セントラルコート菊名D12

  TEL 045-534-6601
  FAX 045-432-0122