本文へスキップ

大久手計画工房は「まちづくりワークショップ」の手法により、市民参加を支援するコミュニティデザインの専門家です。

TEL. 045-534-6601

〒2220013 横浜市港北区錦が丘15-11
 セントラルコート菊名D12

新着情報・コラムOOKUTE NEWS&COLUMN

新着情報

  • 2020年9月27日   伊予市市民討議会開催


コラム  アートプロジェクトをコミュニティで受け止める


 わたしたちの町に突然アーティストが現れた。「2020日米芸術家交換プログラム」に参加しているアメリカ人夫婦2名と日本人夫婦2名のチームである。彼らはコロナ禍の異常事態に巻き込まれ、当初の計画を変更せざるを得なくなったという。結局、東日本大震災に因んだ「声の記念碑」という作品を3つ作成し、これを持って奥沢の町を練り歩くというプロジェクトにたどり着いた。
 果たして彼らの活動をコミュニティとして受け止めることができるだろうか。僕には、2013年から開催してきた九品仏アートフェスタで何を育んできたのかが問われるように思えたのである。アートでコミュニティを元気にすると言いつつ、予期せぬ本格的アートが突然現れた時、コミュニティには何ができるのだろうか。
 このプロジェクトは、あくまでもわたしたちが仕掛けたものではない。わたしたちに問われたのは、コミュニティに彼らの思いを掛け渡すことができるかということである。これは駅ピアノプロジェクトで感じたコミュニティアイデアの共振プロセス[註1]とは異なる感覚である。ふと、ランディ・へスターの「エコロジカル・デモクラシー」の本で紹介されていたコミュニティのパワーマップというアイデア[註2]が頭に浮かんだ。果たしてアートプロジェクトとコミュニティをつなぐキーパーソンのパワーマップをわたしたちは描けるのだろうか。そこで拠り所となったのは九品仏アートフェスタで培ってきたネットワークだった。それぞれの活動で地域の人たちと結びついているまちのキーパーソンを思い描きながら結果として4人のアーティストに何とか彼らをつなぐことができた。
 今回のアートプロジェクトと向き合うことで、僕はわたしたちの町の関係性の『場』の蓄積、いわゆるソーシャルキャピタルの厚みのようなものを感じることができたのである。昨年の九品仏アートフェスタはコロナ禍によって、やむなく中止をせざるを得なかった。しかしコロナ禍の中で何とか実施されたこのプロジェクトが九品仏アートフェスタの新しい可能性を拓いてくれることを期待している。

[註1]伊藤雅春:『「駅ピアノ」プロジェクトのその後』(2019.6)
[註2]伊藤雅春:『「パワー・マップ」を作成するワークショップの提案』(2019.1)

  


                                        伊藤雅春   


BACK



バナースペース


大久手計画工房

 〒222-0013
 横浜市港北区錦が丘15番11号
  セントラルコート菊名D12

  TEL 045-534-6601
  FAX 045-432-0122