本文へスキップ

大久手計画工房は「まちづくりワークショップ」の手法により、市民参加を支援するコミュニティデザインの専門家です。

TEL. 045-534-6601

〒2220013 横浜市港北区錦が丘15-11
 セントラルコート菊名D12

新着情報・コラムOOKUTE NEWS&COLUMN

新着情報

  • 2022年9月25日   伊予市市民討議会開催


コラム  コミュニティの熟議-エピソードⅡ

 
 コミュニティが熟議の『場』になるとはどういうことなのか、そのメカニズムを具体的に描いてみたい。以前のコラムで『コミュニティ圏における熟議の整理(2022.8.29)』というタイトルで熟議のテーマ分類について書いた。その中から前回、エピソードⅠとして「リニア新幹線問題」に触れたが、その後いくつかの問題がわたしたちのコミュニティに同時多発的に持ち上がっている。それぞれの問題はコミュニティにとって貴重な熟議の種であり、頭の痛い問題ではあるもののそれぞれに興味深い展開も見られる。熟議の種は、介入の仕方によっては小さな熟議の渦となり、そうしたことが繰り返されることでコミュニティ全体が次第に熟議の『場』となるイメージを生み出しつつあるようにも見える。どちらかと言えば隣近所とのコミュニケーションが上手くない人たちが暮らすまちであっても、問題に対する関係者の構成の仕方によっては熟議の渦を発生させることは可能であり、思わぬ展開を期待することができる可能性もある。しばらくはいくつかの事例を報告しつつ、熟議の渦を発生させるメカニズムについて考えてみたい。
 コミュニティにおける熟議の『場』を提唱し、「わたしたちA」の形成についてこれまで考えてきたが、「わたしたちA」の形成自体を直接検証することは難しい。前回のコラムでは、「コミュニティからの熟議」と「コミュニティをめぐる熟議」という概念を前提として、熟議の種のテーマを整理したわけだが、この熟議の種が小さな渦を生み出すメカニズムについてさらに具体的な5つのエピソードを通して考えてみたい。
エピソードⅠ:「大深度地下に建設されるリニア新幹線問題」
エピソードⅡ:「住宅街のニワトリ騒動」
エピソードⅢ:「嫌悪物件?葬儀場建設問題」
エピソードⅣ:「見知らぬ人が利用する住宅街のコインパーキング問題」
エピソードⅤ:「災害時要援護者マップを巡る見守り担当者の責任問題」

【エピソードⅡ:「住宅街のニワトリ騒動」】
 事の発端は、自宅で診療所を営むある人が突然ニワトリの雛を20羽飼育し始めたことに始まる。数ヶ月が経過し、ニワトリが成長するに従って二羽の雄鶏が元気よく鳴き始めたのである。この人はニワトリを最初は庭で放し飼いにしていたが夜が明ける前から鳴り響く鳴き声に辟易したご近所の方々が困り果て、玉川まちづくりハウスに相談を持ち込んだことで新たな「名前のないまちづくり」が始まることになった。
 保健所に問い合わせても20羽のニワトリを住宅地で飼うことそのものには違法性はないとのことであった。最近になって道路に脱走するニワトリが時折騒ぎを起こし、警察沙汰になったこともある。近所の何人かは直接飼育者本人に苦情を伝えているようだが一向にラチがあかないようである。ニワトリの飼育者になんら悪意はなく、これから起きるであろう物価高騰と食料不足に対してせめて卵の自足程度は実現したいというやむにやまれぬ不安からの行動らしい。当の本人は近所の方に採れたての有精卵を届けて回るといった次第である。周囲の人と問題意識がかみ合わず、次第に村八分状態に追い込まれるのではないかと心配しているというのが現時点の状況である。
 飼育者Aさんもいろいろ対策は講じているものの限界を感じているのか移転先を探している様子もある。こうしたトラブルにどう向き合うべきか、なかなか難しい問題である。Aさんを孤立させるのではなく、その考えに同意できなくとも話を聞き主旨を理解した上で対策を講じるべきだと考えた。Aさんの話を誰が聞くべきなのだろうか、迷惑と感じている人だけでいいのだろうか?Aさんの考えを聞いた上でニワトリ飼育のための他の場所を探すことに協力するというのが現在試みていることである。
 Aさんが何かしらの問題を発生させたことは間違いない。騒音という迷惑(A)以外に彼女は地域に何を投げかけたのだろうかと考えてみる。食糧の世界的な支配構造に対する警告(B)、そして近隣の脆弱化したコミュニケーション力の現実(C)である。(A)と(B)の間のすれ違いは熟議を生み出さないように思う。「名前のないまちづくり」はこの(C)を回復するための熟議の渦を発生させる活動と言えるのではないだろうか。コミュニティ圏を巡る熟議をご近所問題に閉じ込めてしまうのではなく、少し開いてみることで熟議の渦を発生させられないかと思い至り、当事者を含めて10人ほどの懇談会を開催してみた。Aさんにとっては針のむしろのような居心地の悪い場であったことは事実だが、ニワトリの声を懐かしむ人もいて常識と思い込んでいることは人によって様々であるという認識と、ニワトリの介在がなければ決して直接話し合うことのなかった人たちの直接のコミュニケーションが実現したことへの感謝の念が残されたのである。
 その後まだ問題は解決していないが、Aさんが栃木県にニワトリを移すための場所を確保したことを近隣の人に伝えたことでひとまず事態は落ち着いている。



                                       伊藤雅春   


BACK



バナースペース


大久手計画工房

 〒222-0013
 横浜市港北区錦が丘15番11号
  セントラルコート菊名D12

  TEL 045-534-6601
  FAX 045-432-0122